食事日記も有効です!

「痩せて美しいスタイルになりたい・・・」「肥満体型を改善して健康な体を取り戻したい・・・」などという目標を掲げて、ダイエットを始める人は大勢いらっしゃると思います。

高い入会金を払ってまでもスポーツクラブに入り、ランニングマシンやエアロバイクなどの有酸素運動で体脂肪を燃焼し、ウエイトトレーニングで筋肉量をアップして基礎代謝量を高めて痩せやすい体を作るなど、ダイエットの基本通りに努力を続けて頑張っています。

確かに、こうした運動はダイエットに最も効果的な手法になりますが、まずは、毎日の食事がしっかりと管理されていなければ何の意味もありません。

いくら効果的な運動をして消費カロリーを増やしても、それ以上に摂取カロリーが多ければ痩せることはできません。

これは、ダイエット法の基本中の基本です。

痩せるためには、運動と食事コントロールを併行してしっかりと行うことが必要です。

ですが、運動すると体内の糖質が消費されますので、体がそれを補うためにどうしても炭水化物や甘いお菓子などが食べたくなります。

と、言っても、無理に食事量を減らすということではありません。

自分の体に見合った1日あたりの適正な摂取カロリーを知って、その量の食事を、毎日、規則正しく、また、栄養バランスも考えて摂るということです。

ですので、炭水化物やお菓子が食べたくなっても、適正カロリーの範囲以内の量なら食べてもいいわけです。

逆に、これもあれもダメと、無理して欲求を我慢し続けるとストレスが溜まって途中で挫折することになります。

もし、毎日一定のカロリーに維持するのはなかなか難しい・・・と感じているのであれば、毎日の食事内容を克明に記録する日記を付けることをオススメします。

食事日記は、食事コントロールするにはとても有効な方法です。

そして、食事日記を付けることで食生活における自制心も芽生えて間食することもなくなります。

それでも、食べ過ぎたと思い次の日は、低カロリーの置き換えダイエット食品なども活用してみましょう。

例えば、前日に食べ過ぎたと思ったら、置き換えダイエット食品を使用してカロリーを控えて、前日にオーバー分を調整すればいいわけです。

その他、効果的な食事法はいろいろあるので、調べてみましょう。

生えてきた産毛を大切に・・・

薄毛、抜け毛でお悩みの人は、男性だけでなく女性も大勢いらっしゃいます。

国内で、脱毛症に悩む男性は1000万人近くいて、最近は、女性も600万人もいると言われています。

そんな人達が、薄毛、抜け毛の対策としてまず最初に行っているのが育毛剤を使用したヘアケアだと思います。

今は、各メーカーからさまざまな種類の育毛剤が開発され、薬局やドラックストアーの商品棚に数多く並べられています。

以前は、育毛剤の効果について疑問を感じている人は少なくないようでしたが、最近は、各メーカーの育毛に関する研究も進み、どんどん新しい育毛剤が開発され、それらの育毛剤を使用することで、かなりの人が悩みから解消され、育毛効果を実感されているようです。

例えば、AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、遺伝的な要因が強いために、なかなか効果的な育毛剤がありませんでしたが、今は、ミノキシジルという成分が医学的に効果が認められて、発毛や育毛の効能が期待できるようになりました。

しかし、いくら効果があるからと言っても、たった数日で髪が生えてくるというものではありません。

髪が生まれて成長し、寿命を迎えるまでにはヘアサイクルというものがあって、1本の髪が抜けた後は、ある一定期間を待たないと新しい髪は生えてきません。

早く効果を得たいからと、あせってヘアケアしても、新しい髪が生まれてくるまでに少なくとも6ヵ月くらいはかかるわけです。

ですが、その6ヵ月間、十分な注意が必要です。

せっかく生えてきた産毛を間違った洗髪法や頭皮に負担を賭けるようなシャンプー剤や育毛剤を使用して、産毛を引き抜いたり、抜けるようなことをしないことです。

また、カツラや局所的に増やす増毛法などは、ただでさえ細くて弱くなっている髪の毛に負担をかけて、抜け毛に拍車をかけることになりますので、髪の復活を期待している人は控えて育毛ケアに集中しましょう。

せっかく育毛に効果的な成分が含まれていても、一方で頭皮に負担をかけて抜け毛を促進するようでは何の意味もありません。

もし、今使用しているシャンプー剤や育毛剤に不安があるようでしたら、無添加と表示されているものを使用するようにし、また、最近、フケが多くなったり、かゆみがあると感じるようであれば、頭皮がダメージを受けている可能性がありますので、ヘアケアを見直してみましょう。