ヘアケア」カテゴリーアーカイブ

頭皮に不安を抱えている人はアミノ酸系のシャンプーを!

薄毛、抜け毛のお悩みを抱えている人は、何種類かの育毛剤を試したりと、さまざまな対策を施していると思いますが、抜け毛に最も深く関係していると言われているのが頭皮環境です。

まずは、血行が良く余分な皮脂や汚れのない清潔な状態の頭皮環境を維持できれば、抜け毛を防ぐことができる可能性が高くなります。

しかし、知らないうちに頭皮に負担をかけて、頭皮環境が悪化しているケースがよくあります。

例えば、頭皮が乾燥してカサカサしたり、フケやかゆみなどの症状がある人は、その原因はシャンプー剤の中に含まれる合成界面活性剤かもしれません。

また、1日に何回も洗髪してしまうという洗いすぎも頭皮が乾燥する原因になります。

合成界面活性剤は、大量生産向けの安価なシャンプーに多く配合されているもので、泡立ちをよくするために洗浄力は強く、同時に脱脂力も非常に強くて皮脂を取り過ぎて頭皮にもダメージを与えることになります。

さらに、ごくわずかではありますが、皮膚から吸収されることによって毛根の一番奥にある毛母細胞や毛乳頭を弱らせてしまい、抜け毛の原因となってしまいます。

この合成界面活性剤がアミノ酸系シャンプーの場合は、洗浄力は弱くなりますが頭皮にやさしいものが使われています。

ただ、アミノ酸系と言っても、実はさまざまなタイプのものや配合されている量も違い、種類によっては全てが頭皮にやさしいとは限りません。

その商品の成分表示をチェックして、アシルグルタミン酸やラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココイルタウリンNaが主成分とされているアミノ酸系シャンプーなら安心して使用できますが、少しだけアミノ酸系の成分が配合されているものは間違いなく良いとは言えませんので注意が必要です。

言葉巧みにアミノ酸系シャンプーを売り込むサイトなどもありますし、また、髪の毛の手触りを良くしてツヤを出す効果のあるシリコンも毛穴を詰まらせて抜け毛の原因になる可能性があるので、できれば避けてノンシリコンのシャンプーを選びましょう。

このように、良い頭皮環境を保つには、本当に良いシャンプー剤を選ぶことが大切で、洗い上がり、香り、ネームバリュー、価格などよりも成分を重視して選ぶことが必要です。

生えてきた産毛を大切に・・・

薄毛、抜け毛でお悩みの人は、男性だけでなく女性も大勢いらっしゃいます。

国内で、脱毛症に悩む男性は1000万人近くいて、最近は、女性も600万人もいると言われています。

そんな人達が、薄毛、抜け毛の対策としてまず最初に行っているのが育毛剤を使用したヘアケアだと思います。

今は、各メーカーからさまざまな種類の育毛剤が開発され、薬局やドラックストアーの商品棚に数多く並べられています。

以前は、育毛剤の効果について疑問を感じている人は少なくないようでしたが、最近は、各メーカーの育毛に関する研究も進み、どんどん新しい育毛剤が開発され、それらの育毛剤を使用することで、かなりの人が悩みから解消され、育毛効果を実感されているようです。

例えば、AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、遺伝的な要因が強いために、なかなか効果的な育毛剤がありませんでしたが、今は、ミノキシジルという成分が医学的に効果が認められて、発毛や育毛の効能が期待できるようになりました。

しかし、いくら効果があるからと言っても、たった数日で髪が生えてくるというものではありません。

髪が生まれて成長し、寿命を迎えるまでにはヘアサイクルというものがあって、1本の髪が抜けた後は、ある一定期間を待たないと新しい髪は生えてきません。

早く効果を得たいからと、あせってヘアケアしても、新しい髪が生まれてくるまでに少なくとも6ヵ月くらいはかかるわけです。

ですが、その6ヵ月間、十分な注意が必要です。

せっかく生えてきた産毛を間違った洗髪法や頭皮に負担を賭けるようなシャンプー剤や育毛剤を使用して、産毛を引き抜いたり、抜けるようなことをしないことです。

また、カツラや局所的に増やす増毛法などは、ただでさえ細くて弱くなっている髪の毛に負担をかけて、抜け毛に拍車をかけることになりますので、髪の復活を期待している人は控えて育毛ケアに集中しましょう。

せっかく育毛に効果的な成分が含まれていても、一方で頭皮に負担をかけて抜け毛を促進するようでは何の意味もありません。

もし、今使用しているシャンプー剤や育毛剤に不安があるようでしたら、無添加と表示されているものを使用するようにし、また、最近、フケが多くなったり、かゆみがあると感じるようであれば、頭皮がダメージを受けている可能性がありますので、ヘアケアを見直してみましょう。