自分でできる紫外線対策は・・・

 

女性なら誰もが憧れる透明感のある白く美しい肌。

そんな美白を作り、維持するスキンケア情報は、テレビや雑誌、インターネットでも取り上げられないことはありません。

その美白の敵が「紫外線」であることは知っていても、紫外線の何がどのように悪いのか、紫外線対策ってどうすればいいのかを正確には知らない人が多いのが現状です。

そこで、今日は紫外線対策のことを詳しくお話をしていきます。

まず、紫外線とは地球上に降り注いでいるあの太陽光線のことで、A波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも浴び続けると肌を老化させることになります。

太陽光線の一種である紫外線を浴びると、私たちの皮膚に炎症を起こさせたり、日焼けをしたり、シミの原因となったりして、肌の老化を加速させます。

紫外線が肌内部にまで侵入すると表皮の中で働く保湿成分のセラミドを減少させて乾燥肌などを招き、さらに、奥の真皮まで到達すると肌の弾力性を保っているコラーゲンなどを劣化させてシワやたるみの原因を作ることになります。

それだけではなく、皮膚がん、白内障の発症率を高めたり、皮膚の免疫力を低下させて感染症になりやすくさせる大変怖い存在なのです。

この紫外線からお肌を守るためにはしっかりとした紫外線対策が必要です。

紫外線対策として、まず思い浮かべるのが、日焼け止めを顔や腕に塗ることです。

しかし、塗っていれば大丈夫というわけではなく、日焼けしやすい部分や汗をかきやすい部分には2から3時間おきに塗りなおす必要があります。

化粧品を美白効果のある紫外線を防ぐものにするのも効果的な対策です。

外出するときはなるべく日傘をさすようにするのも大変効果的ですが、日傘をさしていれば万全というものではありません。

紫外線は太陽光線の一種なので、他の光と同じように反射をします。

地面から反射したり、建物やガラスなどで横から反射してきたりします。

日傘は上から降り注ぐ紫外線には有効ですが下や横からくる紫外線を防ぐことはできないので、外出するときは日焼け止めを塗るようにしましょう。

帽子やサンバイザーも日傘と同様、いろいろな方向から来る紫外線を防ぎきることはできないので、やはり日焼け止めを塗ることをお勧めします。

http://www.rendermx.com/

また、日焼け対策として、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、紫外線対策有効な栄養素です。

これらの栄養素を多く含んでいる食品を食べて、紫外線に負けない体をつくることも非常に有効な紫外線対策となります。

 

 

乾燥肌のためのスキンケアとは?

 

乾燥肌は、基本的に冬場や春先にかけて起こりやすい、とされています。

この理由に関しては、特に春先には花粉症が大流行をするため、顔を洗って花粉を落とそうとする方が急増するため、ともされていますし、春風は乾燥肌になりやすい風である、ともされているため、この2つが相まって、乾燥する肌になってしまうことに拍車をかけてしまっているのではないか?とされています。

一方で、冬は北風が寒い、と昔から言われているように、冬の寒さは顔が真っ赤になるほど乾燥肌になりやすいものです。

それでは、このような乾燥肌にはどのようなスキンケアが必要になってくるのでしょうか。

まず、基本的に乾燥肌をそのままにしておくと、次に起こってしまうのは、皮脂が大量に出てくる、ということです。

これは、乾燥してしまった肌に何とか潤いを持たせたい、という身体からの欲求で、それが皮脂の異常な分泌になる、とされています。

そこで、まずはスキンケアとしては、保湿成分が含まれた美容液をたっぷりと肌にしみこませることが必要となってきます。

美容液に関しては、ドラッグストアで販売がされている評判の良いものであれば、かなりのアレルギー体質の方でなければ、馴染みがよく、肌にもしっかりと浸透します。

ただ気を付けるべき点として、アルコールアレルギーの方が、アルコールなどを元にした化粧水を使用した場合には、かえって顔が真っ赤になり、スキンケアとは逆の効果、となってしまうためその点は注意が必要です。

そして、美容液の後には、必ず乳液を使用するようにしてください。

こちらも、かなり高価なもの、でなくても、安くてもとても効果があるタイプの乳液は販売されていますので、口コミなどを参考に探してみると、自分の肌にぴったりと合った乳液を探すことが出来ます。

このように保湿成分が含まれた美容液、及び乳液で対策を行っていけば、乾燥肌も抑えることが出来ると同時に、冬でも酷い乾燥肌に悩まされることなく、痒みなども次第に引いていきます。

 

 

頭皮に不安を抱えている人はアミノ酸系のシャンプーを!

 

薄毛、抜け毛のお悩みを抱えている人は、何種類かの育毛剤を試したりと、さまざまな対策を施していると思いますが、抜け毛に最も深く関係していると言われているのが頭皮環境です。

まずは、血行が良く余分な皮脂や汚れのない清潔な状態の頭皮環境を維持できれば、抜け毛を防ぐことができる可能性が高くなります。

しかし、知らないうちに頭皮に負担をかけて、頭皮環境が悪化しているケースがよくあります。

例えば、頭皮が乾燥してカサカサしたり、フケやかゆみなどの症状がある人は、その原因はシャンプー剤の中に含まれる合成界面活性剤かもしれません。

また、1日に何回も洗髪してしまうという洗いすぎも頭皮が乾燥する原因になります。

合成界面活性剤は、大量生産向けの安価なシャンプーに多く配合されているもので、泡立ちをよくするために洗浄力は強く、同時に脱脂力も非常に強くて皮脂を取り過ぎて頭皮にもダメージを与えることになります。

さらに、ごくわずかではありますが、皮膚から吸収されることによって毛根の一番奥にある毛母細胞や毛乳頭を弱らせてしまい、抜け毛の原因となってしまいます。

この合成界面活性剤がアミノ酸系シャンプーの場合は、洗浄力は弱くなりますが頭皮にやさしいものが使われています。

ただ、アミノ酸系と言っても、実はさまざまなタイプのものや配合されている量も違い、種類によっては全てが頭皮にやさしいとは限りません。

その商品の成分表示をチェックして、アシルグルタミン酸やラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココイルタウリンNaが主成分とされているアミノ酸系シャンプーなら安心して使用できますが、少しだけアミノ酸系の成分が配合されているものは間違いなく良いとは言えませんので注意が必要です。

言葉巧みにアミノ酸系シャンプーを売り込むサイトなどもありますし、また、髪の毛の手触りを良くしてツヤを出す効果のあるシリコンも毛穴を詰まらせて抜け毛の原因になる可能性があるので、できれば避けてノンシリコンのシャンプーを選びましょう。

このように、良い頭皮環境を保つには、本当に良いシャンプー剤を選ぶことが大切で、洗い上がり、香り、ネームバリュー、価格などよりも成分を重視して選ぶことが必要です。