自分でできる紫外線対策は・・・

 

女性なら誰もが憧れる透明感のある白く美しい肌。

そんな美白を作り、維持するスキンケア情報は、テレビや雑誌、インターネットでも取り上げられないことはありません。

その美白の敵が「紫外線」であることは知っていても、紫外線の何がどのように悪いのか、紫外線対策ってどうすればいいのかを正確には知らない人が多いのが現状です。

そこで、今日は紫外線対策のことを詳しくお話をしていきます。

まず、紫外線とは地球上に降り注いでいるあの太陽光線のことで、A波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも浴び続けると肌を老化させることになります。

太陽光線の一種である紫外線を浴びると、私たちの皮膚に炎症を起こさせたり、日焼けをしたり、シミの原因となったりして、肌の老化を加速させます。

紫外線が肌内部にまで侵入すると表皮の中で働く保湿成分のセラミドを減少させて乾燥肌などを招き、さらに、奥の真皮まで到達すると肌の弾力性を保っているコラーゲンなどを劣化させてシワやたるみの原因を作ることになります。

それだけではなく、皮膚がん、白内障の発症率を高めたり、皮膚の免疫力を低下させて感染症になりやすくさせる大変怖い存在なのです。

この紫外線からお肌を守るためにはしっかりとした紫外線対策が必要です。

紫外線対策として、まず思い浮かべるのが、日焼け止めを顔や腕に塗ることです。

しかし、塗っていれば大丈夫というわけではなく、日焼けしやすい部分や汗をかきやすい部分には2から3時間おきに塗りなおす必要があります。

化粧品を美白効果のある紫外線を防ぐものにするのも効果的な対策です。

外出するときはなるべく日傘をさすようにするのも大変効果的ですが、日傘をさしていれば万全というものではありません。

紫外線は太陽光線の一種なので、他の光と同じように反射をします。

地面から反射したり、建物やガラスなどで横から反射してきたりします。

日傘は上から降り注ぐ紫外線には有効ですが下や横からくる紫外線を防ぐことはできないので、外出するときは日焼け止めを塗るようにしましょう。

帽子やサンバイザーも日傘と同様、いろいろな方向から来る紫外線を防ぎきることはできないので、やはり日焼け止めを塗ることをお勧めします。

http://www.rendermx.com/

また、日焼け対策として、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、紫外線対策有効な栄養素です。

これらの栄養素を多く含んでいる食品を食べて、紫外線に負けない体をつくることも非常に有効な紫外線対策となります。